家庭用ウォーターサーバー比較COM > 安全性について > 水道水の残留塩素 〜家庭用ウォーターサーバー比較情報編

水道水の残留塩素 〜家庭用ウォーターサーバー比較情報編


みなさんは家庭の水道からでる水を飲んで
「カルキ臭い」と感じたことはありませんか?
このカルキ臭は、実は塩素が元になっています。


日本の水質汚染は、工場廃水、生活廃水、農薬の流入
などにより、年々進行しています。

このため、浄水場では2度の塩素処理を行い、
家庭用に水を送っているのです。

使用される塩素の量は家庭用の蛇口での残留濃度で
0.1ppm以上であることが、法律で定められていますが、
上限は決まっていないので、汚染に応じていくらでも
入れてよいことになっているのです。


ですから、汚染がすすんでいる都市では、
地方と比較して塩素がたくさん入っているため、
「カルキ臭い」と感じることが多いのです。


この残留塩素を取り除くには、
「浄水器を取り付ける」
「前日に水をためておく」
「煮沸する」
などの方法があります。

しかし、この方法で臭いがとれても、
本来の水質が変わるわけではありません。


やはり都会で、安全で美味しい水を飲むためには
ミネラルウォーターを購入したり
ウォーターサーバーを利用するのしかないようです。

→ 水の安全性について一覧へ戻る

→ 家庭用ウォーターサーバー比較Toppageへ


このエントリーをはてなブックマークに追加