工場見学

アクアクララ工場に行ってボトル洗浄をどうやってるか確認してみた

アクアクララ熊谷工場

アクアクララの工場に行ってきました!

アクアクララのウォーターボトルは、使用後に回収されて再利用するリターナブルボトルです。ボトルにはしっかりとエコマークがついています。

エコマーク

環境にいいことは大事だなーと思うんですけど、「衛生面てきはどうなの?」というのが気になりますよね。 お水だし。そのまま飲むし。

ネット上でも気になる意見があるようです。

アクアクララのボトルは再利用されていると伺いましたが、どのような方法でボトルの洗浄や殺菌はされているのでしょうか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1143324466
(yahoo知恵袋より)

そこでウォーターボトルがどうやって洗浄され、管理されているのかをアクアクララの工場に潜入して確認してきました!

ボトルにお水を入れるという割と簡単そうな作業をイメージしてましたけど、洗浄を何度も行い、ほとんどの作業工程が機械化されシステマチックに動いていました。人による目視チェックも行われ、何重ものチェック体制で品質保存をしていました!

「アクアクララ工場に行ってボトル洗浄をどうやってるか確認してみた」詳細はこちら

アクアクララの工場見学に当選したので750キロ先の工場に潜入してきた

アクアクララの工場見学ツアーがあるという情報を聞いて、ウォーターサーバーの工場なんてめったに見れないし、軽い気持ちで応募したんですよ。見事当選しましたw

アクアクララから届いたメール

そんな訳で、朝4時に起きて、家から750キロ離れた埼玉県熊谷市に行ってきました。

アクアクララ埼玉県熊谷工場

工場の写真。

「アクアクララの工場見学に当選したので750キロ先の工場に潜入してきた」詳細はこちら

アクアクララのボトルチェックが厳しすぎる件

アクアクララの工場見学をして、実際に商品化されたボトルをみせてもらったんですけど、弾かれる商品の厳格さに驚愕したので報告。

工場で検査されるアクアクララのウォーターサーバーボトル

ボトルには様々な試練があります。

「アクアクララのボトルチェックが厳しすぎる件」詳細はこちら

マーキュロップを工場見学!品質管理と安全へのこだわりを感じました

マーキュロップ工場内での生産現場

ウォーターサーバーで富士山の天然水を販売しているマーキュロップの工場見学にいってきました!今回、工場見学で私が知りたかったことが2つあり、1つは衛生面です。「ウォーターサーバーをどんな管理をしているのか工場の衛生面を自分の目でチェックしてみたい」と思っていました。

もう1つは、富士山のバナジウム入りの天然水の採水地です。「採水地がどんなところなのか見る。」というものです。

マーキュロップの衛生面のこだわりが尋常じゃなかった|クラス1000で自動化を進めた工場施設

マーキュロップ会社入り口

マーキュロップ富士河口湖工場の入り口

マーキュロップの工場に到着。2012年につくられた新工場で新しくてとても綺麗でした!

「マーキュロップを工場見学!品質管理と安全へのこだわりを感じました」詳細はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加