家庭用ウォーターサーバー比較COM > 工場見学 > アクアクララ工場に行ってボトル洗浄をどうやってるか確認してみた

アクアクララ工場に行ってボトル洗浄をどうやってるか確認してみた

アクアクララ熊谷工場

アクアクララの工場に行ってきました!

アクアクララのウォーターボトルは、使用後に回収されて再利用するリターナブルボトルです。ボトルにはしっかりとエコマークがついています。

エコマーク

環境にいいことは大事だなーと思うんですけど、「衛生面てきはどうなの?」というのが気になりますよね。 お水だし。そのまま飲むし。

ネット上でも気になる意見があるようです。

アクアクララのボトルは再利用されていると伺いましたが、どのような方法でボトルの洗浄や殺菌はされているのでしょうか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1143324466
(yahoo知恵袋より)

そこでウォーターボトルがどうやって洗浄され、管理されているのかをアクアクララの工場に潜入して確認してきました!

ボトルにお水を入れるという割と簡単そうな作業をイメージしてましたけど、洗浄を何度も行い、ほとんどの作業工程が機械化されシステマチックに動いていました。人による目視チェックも行われ、何重ものチェック体制で品質保存をしていました!

アクアクララ熊谷工場の周辺は緑がいっぱい

アクアクララは全国各地に拠点があります。今回は、割と新しく作られた埼玉県熊谷市にある工場にいってきました! 熊谷市は「日本で一番高い気温」を記録した町ですね。水の工場があるところなので、大体想像はできていましたけど、自然豊かなところでした。

最新機械と、人 2重のチェック体制

アクアクララの工場に回収されたボトル

アクアクララの工場の中は、回収されたボトルがズラリ!

アクアクララの商品ができるまでの工程は、こんな感じで進めていました。

?回収したボトルの洗浄 → ?乾燥 → ?水を注ぐ → ?キャップしめビニールかけ → ?製品番号シールはり → ?コンテナに箱詰め

洗浄は、回収した空のボトルのほこりをおとし、洗浄を何度も行います。

ボトルを洗浄しているところ

洗浄はボトルを逆さまに持ち上げ、機械内で高速回転しながら洗浄剤と殺菌剤で洗浄してました。洗浄は10回も繰り返して行います!家の食器洗いとは次元が違いました。。

アクアクララのボトルが次々に洗われていく

高速回転中(笑) 

ボトルを洗う洗浄液は、洗剤系の大手ライオンと共同研究してました。いいコラボですね。

アクアクララのボトルが次々に洗われていく

ほぼ全て機械化してましたけど、表面の傷や匂いのチェックは、人間の手でしていました。目・鼻・触などの五感を使うチェックは機械ではできないため、目視を取り入れてました。

短いですけど、工場内の動画を撮影しました。(工場の音が大きいので再生音量に注意)


飲料水のボトルを再利用は利用者も気になるところなので、アクアクララ側もかなり気をつけているなあと洗浄やチェック体制をみて感じました。

他の家庭が利用したボトルといっても、口をつけて飲んでいるわけでもないので、私は気になりませんが、衛生面の部分もこれだけ厳格に行っていればまず大丈夫かなと思いました。

⇒ アクアクララのキャンペーン・限定サーバーの詳細へ

ウォーターサーバー 家庭用


このエントリーをはてなブックマークに追加