家庭用ウォーターサーバー比較COM > 工場見学 > アクアクララの工場見学に当選したので750キロ先の工場に潜入してきた

アクアクララの工場見学に当選したので750キロ先の工場に潜入してきた

アクアクララの工場見学ツアーがあるという情報を聞いて、ウォーターサーバーの工場なんてめったに見れないし、軽い気持ちで応募したんですよ。見事当選しましたw

アクアクララから届いたメール

そんな訳で、朝4時に起きて、家から750キロ離れた埼玉県熊谷市に行ってきました。

アクアクララ埼玉県熊谷工場

工場の写真。

アクアクララ工場に向かうバス

参加者は全国から10人ほど。普段、写真を撮りまくり浮いた視線を感じてますが、流石全国から集まった変な人 強者たち。私以上のカメラっ子でした。

マニアックなオタク仲間をみつけたような暖かい気持ちになります。

工場の入口付近

工場に入ったところ。

アクアクララ熊谷のプラント発電システム概要

工場内は自家発電していて、モニターで発電状況をリアルタイムで放送してました。エコに力をいれてますね。

アクアクララの水ができるまで|RO膜実験をみてみた

アクアクララの水は、地下水や水道水を電子顕微鏡でもみえないくらいの細かいフィルター(RO膜)を使って水だけを通してます。

RO膜って想像しづらいですけど、細かい穴があいたペラペラの紙をパイプに巻きつけて通してます。

RO膜を使った実験の装置

実際にRO膜を使った水の生成をみせてもらいました。

アクアクララRO膜実験をしているところ

理科の実験みたいでした。浸透膜実験は授業でやりましたよね。

アクアクララに入れられる濃縮ミネラル

アクアクララに入る濃縮されてるミネラル成分の袋。実際のお水にもこの袋に入ったミネラルが入っています。

A(赤)の袋がカルシウム系・B(黄)の袋がナトリウム系です。ミネラルの原液は、アクアクララの自社工場内で作っていました。これを1000倍に薄めてろ過後の水に加えます。

工場内はほぼ全自動・機械化!

工場内を見学するための窓

工場内を見学できる窓。どんな作業かを説明してくれました。

アクアクララ工場内の雰囲気

窓から中をみた様子。パイプがずらり。
作業している工場内にも特別に入らせてもらいました!

工場内に入室するためにつけたマスク

工場用のマスクと帽子

帽子・マスクは必須です。

マスクと帽子をかぶったところ

かぶってみた(アクアクララ工場正面口)

アクアクララ工場内に入ったところ

いざ潜入!

ベルトコンベアーの上を素早く流れていくウォーターボトル

アクアクララのボトルを洗浄しているところ

たくさんのアクアクララのボトルがベルトコンベアーに流れてました。機械化されていてほとんど流れ作業で進んでいます。

ミネラルウォーターボトルの全自動洗浄機の外観

ウォーターボトルの洗浄中。機械で全自動洗浄。

洗浄した後にはブロアーで乾かしてから出てくる

洗浄後はブロアーでボトルの乾燥

ミネラル原液を混ぜる

先ほどみたミネラル原液。ここで注入されるのかな?

一つ一つ検査の方が匂いと傷をチェックする

目視チェックで匂い・傷を確認してました。

日付をラベリングする

機械を通過した後に日付のラべリング

出荷前のアクアクララをアームロボが箱詰め

アームの機械で出来上がったボトルを次々とコンテナにいれてました。これも高そうな機械です。

完成したアクアクララのミネラルウォーターボトル

完成したボトル。これが配送されるわけですね。

アクアクララの工場内の動画

工場内の様子を動画撮影しました。写真よりもイメージできると思います!
※機械音が大きいので、がやがやしてます。再生するときは音量に気を付けてください。


回収されたボトルがベルトコンベアーにずらり。

洗浄中(解説つき


洗浄後はブロアーで乾燥

動画IMGP6647.AVI


最後にビニールづけ。機械が不思議な動きしてます。


傷・ラベルのズレは最終的に人がチェック


出来上がった水をアームで次々とコンテナに入れてます


その他工場内で撮った写真

綺麗な角度からの写真ばかりじゃない工場の日常を撮った写真も紹介します。

工場内にあった掲示板には細かな検査時間などが書いてある

入口にあったホワイトボード。検査の状況や製造時間、最近のお知らせなどが貼ってありました。

アクアクララの工場に入ったところ。

アクアクララ熊谷工場の入口横の事務所

普段は、製造している現場なので、入口横は事務スペースでした。

アクアクララの工場見学をした感想

工場見学をして、アクアクララの水がどうやって生まれるのかイメージができて、より身近に感じました。

実際に中に入らせてくれるのは「ちゃんとやってますよ。」「なんでも見てください」という自信の表れでもありますよね。衛生面・管理体制がしっかりしていると思います。

「水は自然なもの」というイメージが強いので、ミネラルの袋をみたときは人工的な印象をもちましたけど、衛生面や効率さを考えたらごく普通のことで、当たり前に、特に考えなくても飲食ができるエンドユーザーのありがたさを感じましたね。

⇒ アクアクララのキャンペーン・限定サーバーの詳細へ

ウォーターサーバー 家庭用


このエントリーをはてなブックマークに追加