家庭用ウォーターサーバー比較COM > 飲みことで病気予防 > 寝る前の飲水の寝つき効果 〜家庭用ウォーターサーバー知識編

寝る前の飲水の寝つき効果 〜家庭用ウォーターサーバー知識編


水には寝つきを良くする催眠効果があります。

コップ一杯の水を就寝30分前に飲めば、
脳へあがりがちな血液を腹部に下げ、緊張をほぐしてくれるので、
心地よい眠りにつくことができるのです。


また、人は寝ている間に
想像以上にたくさんの汗をかいています。

そして、就寝中に水分が失われる分
血液濃度が濃くなり、睡眠中や起床直後に
脳梗塞や心筋梗塞が起こりやすくなる
のです。

これを予防するためにも、寝る前の水分補給は大切です。


しかし、睡眠中は水分を排出する腎臓機能が低下するので、
寝る直前に水分をたくさん摂ると、
翌朝のむくみの原因となるので、注意しましょう。

飲み方としては、
「アルカリ性の軟水を寝る30分前にコップ一杯飲む」
という方法が一番良いでしょう。

飲むタイミングと、量をきちんと守れば
むくむ心配はありません。


よく年配の方は、
「寝る前に水分を摂ると夜中にトイレに行くのが面倒だから…」
とおっしゃり、水分を摂らないようですが、
年齢がすすむほど、脳梗塞や心筋梗塞のリスクは高まります。

寝る前の1杯は欠かさないようにしましょう。

 


→ 水で病気予防!一覧へ 戻る



→ 家庭用ウォーターサーバー比較Toppageへ


このエントリーをはてなブックマークに追加